2007年08月30日

「改訂消費生活用製品安全法」ってなに?

生活用製品や食の「安心・安全」が取りざたされる昨今の状況の中で、ハリオグラスも日々努力を重ねています。
今回は、いち早く、その取り組みをお伝えいたします。


第165回臨時国会において、「消費生活用製品安全法」の改正法が全会一致で成立し公布され、平成19年5月14日より施行されました。
〔消費生活用製品安全法は略して:消安法、とします〕

改正は、消費生活用製品の事故に関する情報の開示、及び再発防止を図ろうとする措置が追加されたもので、私たち消費者にとって、とても大切なものと思われます。

※参考:経済産業省「製品安全ガイド」消費生活用製品安全法のページ


改正のポイントは:
↓↓↓↓↓↓↓

(事故情報の収集と公表)

●消費生活用製品の製造事業者又は輸入事業者は、重大製品事故が生じたことを知ったときは、当該消費生活用製品の名称、事故の内容等を主務大臣に報告しなければならない。

●主務大臣は、重大製品事故の報告を受けた場合等において、当該重大製品事故に係る消費生活用製品の名称、事故の内容等を公表する。

など。

要約として、製品による事故が起きた場合、製造者は必ず当該大臣に報告し、大臣はそれを公表するというものです。

(事故の再発防止対策)

●消費生活用製品の製造事業者又は輸入事業者は、
事故原因を調査し、必要があると認めるときは、当該消費生活用製品の回収等の措置をとるよう努めなければならない。

●消費生活用製品の販売事業者は、消費生活用製品の製造事業者又は輸入事業者が行う消費生活用製品の回収等の措置に協力するよう努めなければならない。

さらに、事故がおきた場合の処置として、必要に応じ当該製品を回収する、ということが義務づけられました。

(以上、経済産業省「新しい消費生活用製品について」より抜粋)

***

この「消安法」の内容を吟味し、ハリオグラスは、法令遵守第一という考えのもと、より安全にお使いいただくため、この度、直火用として販売している耐熱性ガラスポットのデザインと機能を一新することに致しました。

対象の製品は:
「ティーポット・モーニング」

MO-3B*.JPG
MO-3W*.JPG

「V60 サーバー」(電子レンジ用を除く)

VCS-60B*.JPG

「ティー&コーヒーサーバー ナーサ」

NA-5B *.JPG

「ティー&コーヒーサーバー ナーサ・ガーデン」

NA-5BGA*.JPG

現在流通している上記製品は、ガスコンロなどの直火(弱火)にかけて、
飲み物の温め直しにご使用いただけるご案内をしております。

しかし、耐熱ガラスポットを直火にかけて使用された場合に稀に起きる「突沸」という現象について、説明書などでご注意を呼びかけてはおりますが、現状ではすべての人に認識していただくにいたっておりません。

ハリオグラスはお客様に、より安全に耐熱ガラスポットをご使用いただけるよう、
同製品の機能、デザインを刷新し、より安全性の高いデザインを採用いたします。
また、ガラスの素材、品質は従来となんら変わるものではありません。

新デザインの耐熱ガラスポットは、10月初めよりハリオ・ネットショップでも販売を開始する予定ですので、どうぞご期待ください。

現在お客様にお使いいただいている、上記の直火用耐熱ガラスポットにつきましては、直火使用はなるべく避け、熱湯用としてご使用いただきますことをお勧め致します。(電子レンジでのご使用はできません)
引き続きのご愛顧、有り難うございます。





posted by a692813806 at 16:21| 改訂消費生活用製品安全法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする